とある科学の超電磁砲S 第16話 「姉妹」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「とある科学の超電磁砲S」の第16話です。


アクセラレータとの勝負もいよいよクライマックス。いままでよりも強力な力を手に入れたアクセラレータに対して、シスターズを命がけでまもろうとしていた美琴。最後はアクセラレータに向けられた当麻の握りこぶしによって、レベル6へのシフト計画実験は終了となりました。

第10032次実験が終了したあとは、当麻やシスターズの10032号は病院に運ばれて手当てを受けた様子。当麻が入院生活を送っていた裏側では、美琴と10032号のやりとりもあって、少し前までの緊張した雰囲気から一転したコミカルなやりとりには微笑ましいところがありました。当麻のお見舞いには美琴もやってきていましたが、当麻から手作りクッキーを要望されることも!?ちゃんと手作りクッキーに挑戦していたところは美琴らしいですね。

今回の件により、シスターズはいままで以上に、困ったり、悩んだりした感情の変化がみられました。そしてさらに、美琴のことを姉として見ているだけでなく、姉の特徴をちゃんととらえている様子がうかがえました。最後の缶バッジを手に入れていたのも、若干のゴーグルが見えたところからシスターズみたいでしたね。何回目でゲットできたのかは気になるところです。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事