犬とハサミは使いよう 第10話 「光陰犬の如し」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「犬とハサミは使いよう」の第10話です。


和人と霧姫が追っていた藤巻蛍の正体がついにつきとめられました。その正体とは、本田書店でときどき見かける大澤でした。和人とは同じ高校に通い、同じ図書委員を務めていた関係でもあるようです。彼女はこのときから小説を書いていたようで、その小説はいつも本の後ろに隠していたのだとか。今回、彼女が和人の正体を見抜くことができたのは、和人がその小説を引っ張り出してきたところを見ていたからであるようです。

そしてまた、ここ数日は霧姫のことをつけていたのは、小説を書くうえで憧れの存在であった霧姫を超えるためだったのだとか。そのために、周囲の人に襲いかからせていたようです。しかも、人を操る方法が活字から刷り込ませるという、大澤流の方法なのだとか。これ以外にもいろんな大澤流が出てきましたが、どれも斬新な流儀ばかりでしたね。

そんな、大澤流を今度は霧姫が自身の小説に取り入れてみた様子。本を読んだだけで、いきなり腕が動き出す仕掛けには驚きですが、それは和人の視線を霧姫に向けようとする作戦だったのだとか。そう考えると、この新刊は和人のために書いた小説ということなのでしょうか。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事