常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

「アニメミル#ふらいんぐうぃっち」の記事一覧(1ページ)

ふらいんぐうぃっち 12話 「魔女のローブと日々は十人十色」(最終回)
2016/07/01
真琴のローブは自分で作ったお手製。しかし、それは中学生の頃に作ったもので、いまでは小さくなってしまったので、新しく作ることになりました。手芸屋さんでは、チトさんがすすめる猫柄の生地や千夏に作ってあげる分の生地も購入。チトさんのテンションが高くなった姿をみるのは最終回にして初めて?なくらい珍しいですね。…で、千夏に作った真っ赤なローブは、まるで童話に出てくる赤ずきんのようでかわいらしかったですね。チ...
ふらいんぐうぃっち 11話 「くじら、空をとぶ」
2016/07/01
世界中を旅する空飛ぶくじらが、家の近くを通るというので真琴たちは見に行くことになりました。くじらの背中側は遺跡になっており、まるでファンタジーの世界に出てくるような場所でした。そんな遺跡では、先客の杏子ちゃんを発見。歴史的なものが好きな彼女は、遺跡に興味津々でいろんなことを知っています。でも、それ以上にケニーさんが趣味でいろんな研究をしているうえに、杏子ちゃんの師匠であることにはビックリでしたね。...
ふらいんぐうぃっち 10話 「料理合わずと蜂合わず」
2016/06/16
学校で家庭科実習。なおは妙に料理を拒んでいたのですが、どうやら過去に料理を失敗したことがトラウマで避けていたようです。爆発させるかもしれないって、相当なトラウマがありそうですね。一方の真琴はクッキーを作っていました。魔女が作るおすすめのクッキーがあるらしいのですが、それが妙にリアリティのある形をしていたので、手を出すには少し抵抗が…。別の日、倉本家ではりんご農園を営んでいて、真琴は花の摘花という作...
ふらいんぐうぃっち 9話 「明日の明日は今にある」
2016/06/09
美人の犬養さんが登場。この間のお詫びにやってきたようで、真琴たちの運勢を占ってくれました。その結果は思いがけない試練がふりかかるかもしれないとのこと。それって、辛い二十日大根のことかなと思っていましたが、お姉ちゃんが買ってきたお土産のことを意味していたようです。この場合、お姉ちゃんが買ってきた服を着ることが、大きな成果を得て成長するということになると思われますが、どんな成長になるのかが気になるとこ...
ふらいんぐうぃっち 8話 「常連の鳴き声」
2016/06/04
魔女が営んでいる喫茶店にやってきている真琴と圭と千夏。ここには、テントウムシから、夜を連れてくる夜の帳さんといった、いろんなお客さんがやってきます。最初に訪れてきたテントウムシのペアは、真琴のお姉ちゃんが新しい魔法でやってきたのかと思っていましたが、どうやら違ったみたいです。実際はというと、海の色を変える魔法であるそうですが、思いのほか効き目が強かったようで、周囲がアルコール飲料のCMのようにモノク...
ふらいんぐうぃっち 7話 「喫茶コンクルシオ」
2016/05/28
チトさんはなおに太ったことを指摘されてご機嫌ななめ。山菜採りについてきたのは、ダイエットをするためだったのでしょうか。そんな、チトさんは17歳。これまた、なおにおばあさんだと言われてご機嫌ななめに・・・。山菜といえば、千夏の嫌そうな表情がすぐに頭に思い浮かんでくるのですが、魔女になるために山菜を克服しようと挑戦。でも、いまはまだ大人の味みたいですね。この後、茜から魔女が営んでいる喫茶店を教えてもらっ...
ふらいんぐうぃっち 6話 「おかしなおかし」
2016/05/21
魔女になりたいと言い出した千夏。真琴のお姉さんの話によると、魔女ではない人が魔女になることも可能だというのですが、これは本当のことであるのか、千夏の夢を壊さないためであるのか気になるところです。でも、千夏が魔女になる前に、ほかの人たちから許可を得る必要があったのですが、意外にもお母さんからはあっさりとオーケーの返事が・・・。もしかすると、千夏のお母さんも魔女になろうとしていた時期があったのでしょう...
ふらいんぐうぃっち 5話 「使い魔の活用法」
2016/05/14
真琴はチトの案内で町内を散歩することになりました。でも、チトの案内スポットでは犬に追いかけられたり、子供たちが埋めたばかりのタイムカプセルを掘り起こしたり・・・。そんななかで、魔女と友達だったというおばあさんに出会った真琴。しかも、真琴が魔女であることをズバリ見抜いていましたね。真琴は何とかごまかそうとするもバレバレで・・・。ときに、真琴のお姉さんが結構な頻度で登場していますね。今回はほとんど昼寝...
ふらいんぐうぃっち 4話 「桜の中の占い師」
2016/05/05
さくらまつりの占いの屋台で出会った犬養さん。真琴の名前を知るなり、とても興奮した様子で真琴に迫り寄ってきました。というのも、犬養さんは真琴の姉が試作した魔法によって体の一部が犬の姿になってしまったようで、元の姿に戻るために姉を探しているのだとか。酔いからさめたときに、自分の姿を見て「なんじゃこりゃー」と、やわらかく叫ぶ様子はなんだかかわいらしかったですね。それにしても、肝心の姉といえば少し前に真琴...
ふらいんぐうぃっち 3話 「畑講座と魔術講座」
2016/04/29
また真琴への訪問者。その人は、真琴のお姉さんでした。お姉さんは世界を旅しているそうで、真琴が一人立ちしたことをきっかけに様子を見に来たのだとか。そんなお姉さんも魔女なので、瞬間移動なんてこともできるみたいですね。ということは、真琴も同じような魔法が・・・と思っていたのですが、真琴はあまり魔法を使わないのだとか。そこで、お姉さんから真琴にカラスをおびき寄せる魔法が伝授されました。大量のカラスにはびっ...
ふらいんぐうぃっち 2話 「魔女への訪問者」
2016/04/21
真琴への訪問者。それは、春の訪れを伝えてくれる妖精さんのような方でした。でも、顔を隠したその姿には千夏に怪しまれてしまうことも・・・。そんな春の訪れによって、顔をだしたふきのとう。真琴はふきのとうを食べたことがないそうなので、圭が天ぷらにして振る舞うと初めての味に大満足。幸せそうな姿がまるで天使のようです。一方、千夏はふきのとうが苦手みたいですね。このときの嫌そうな顔も可愛らしかったです。ところで...
ふらいんぐうぃっち 1話 「6年振りの不思議」
2016/04/15
青森に引っ越しをしてきた木幡真琴。15歳になった彼女は、魔女として一人前になるために親戚の家に居候することになりました。この家の倉本圭とはまたいとこにあたり、会うのは6年ぶりなのだとか。また、圭には妹の千夏がいるのですが、真琴はこの子に最初のうちは警戒されてしまうことも・・・。でも、一緒にほうきに乗って空を飛べばすっかり仲良し!!とはいえ、いきなり目の前をほうきで空に浮かぶと目が点になっていましたね...
ご指定のカテゴリーに該当する記事は見つかりませんでした。