常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 第2話 「魔王の娘さんが接客用語を覚えるようです。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」の第2話です。


勇者の職業がなくなってしまい、現在はマジックショップという電気屋で働いているラウル。しかも、お店の新人には魔王の娘=フィノが加わることなどもあって、魔王が世界を支配しようとしていたころであれば、かなり複雑な相関図の状況です。とはいえ、彼女のやる気満々であり、どこか魔王譲りの勇ましい姿はかわいらしいばかり。接客の基本を習得しようと、必死に努力している姿も応援したくなってきますね。強盗が襲いかかってきたときには、ラウルとフィノのタッグであっさり追い払うほど・・・。防犯面でも心強そうなことがうかがえました。

そんなフィノも新たにアパート暮らしがスタート。最初はラウツが思ったように、マジックショップをやめてしまったのかと思ってしまいましたが、どうやら違うようで一安心です。それにしても、アパートはラウルの隣の部屋であるのはいろいろと気になりますね。

ところで、ラウルは過去に勇者の道を共に目指していた仲間と出会うことがありました。やはり、いまでも勇者の道はあきらめきれないところがあるようです。フィノと出会ってからは、ラウルの感情にも変化があるようで、もし勇者の職業が復活する機会があるならば、彼はマジックショップをやめて勇者の道を目指すのかどうか気になるところです。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事