常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

アウトブレイク・カンパニー 第12話 「侵略者を撃て!」(最終話)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「アウトブレイク・カンパニー」の第12話です。


神聖エルダント帝国に滞在している慎一は、帝国内で漫画やアニメといった新たな作品を生み出すことを提案しました。しかし、その提案によって慎一は命を狙われてしまうことに・・・。ただ、こうなることを慎一は予想していたようで、エルダント帝国のバックアップのもとで、その危機を回避しようとしていました。しかし、この事件は慎一の暗殺にとどまらず、学校にまで火が放たれてしまうという展開に・・・。必至で学校を守ろうとする慎一と、彼のことを心配するペトラルカやミュセルたち。この光景には、慎一が慕われているということが感じられました。

その後、慎一の暗殺はひとまず失敗に終了。それと同時に、エルダント帝国への滞在も認められる形となり、学校も再建されたことで、いつもどおりの日常が戻ってきました。そんな、慎一が教えている授業ですが、日々の成果が最後で証明されていることがありました。この勢いでは、近いうちに帝国内での新たな作品が生み出されるかもしれませんね。そのときには、その作品を売り出しに秋葉原に・・・なんてことも勝手に想像していますが、そうでなくてもまたミュセルたちに日本での暮らしを体験してもらいたいところです。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事