常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

咲-Saki-全国編 第7話 「注目」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「咲-Saki-全国編」の第7話です。


中堅戦を担当する久は、前半戦の序盤に姫松高校へ二度も振り込んでしまうことがありましたが、終盤にはいつもの調子を取り戻していました。しかしながら、清澄高校の前半戦終了時の順位は最下位の状態です。はたして、ここから順位の巻き返しとなるのか否か!?そんな注目の後半戦が始まりました。

後半戦でのほかの三校は、前半戦に引き続いて手堅い様子。久が調子を取り戻したとはいえ、巻き返すためには厳しい状況であるようです。しかし、これが久にとっては刺激となったようで、いままでの対局よりもわくわくすることも。そのおかげで、オーラスにはハネ満をツモり二位へと浮上するという結果を出していました。

中堅戦の次は副将戦となり、バトンは久から和へと渡されました。和は最初の一打目だけにブランクがあったり、合理的な打ち方をしたりする選手。他校もそのことは把握済みであったようですが、ただ一つ和がのぼせたように顔が赤くなるタイミングが早かったことには想定外だった様子。ここでも、一瞬で最善を判断するそのスピード力をみることができましたが、やっぱり牌をつもってから捨てるまでの動きが速いですね。ちなみに、この試合で最初にあがったのがハネ満をツモった和でした。

東四局では、北家となる永水女子の薄墨初美が注目をあびていました。姫松と宮守女子が彼女のことを警戒していましたが、どのような能力が出てくるのか楽しみです。その一方で、「そんなオカルトありえません」と、いつも口にしている和にとって、薄墨初美がどのように見えているのかも気になるところです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事