常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

任天堂、携帯ゲーム機「new ニンテンドー3DS」と「new 3DS LL」を発表

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
任天堂から新しい携帯ゲーム機として、「new ニンテンドー3DS」と「new 3DS LL」の2モデルが発表されました。

この内容は任天堂のニュースリリースまたは「Nintendo 3DS Direct 2014.8.29」で発表されたものであり、主な特徴としては、CPUの性能が向上、「new ニンテンドー3DS」に限り画面の大きさが従来比で1.2倍、操作面では「Cスティック」・「ZR」・「ZL」が追加されたそうです。このことから、「new ニンテンドー3DS」専用のゲームも発売されるとのこと。これまでの互換性はそのままに、処理能力と操作性が増えた新しいゲームを期待できそうです。

また、フィギュアを使った新しい遊び方を提案する「amiibo」にも対応。同ゲーム機のサイト内では、「amiibo」のことにも触れられており、フィギュアとの通信にはNFCが用いられていることが記されていました。NFCに対応していることから、今後はWiiUゲームパッドと同様にSuicaといった電子マネーでの決済にも対応予定とのこと。ちなみに、従来の3DSでの「amiibo」への対応は、外付け型の周辺機器で対応することが「amiibo」のページで紹介されています。「amiibo」が、NFCを用いていることから、従来の3DSでも電子マネーでの決済に対応することが考えられそうです。

「new ニンテンドー3DS」と「new 3DS LL」の気になる価格は、「new ニンテンドー3DS」が16,000円(税抜)、「new 3DS LL」が18,800円(税抜)。ちなみに、どちらも充電に必要なACアダプタは付属していないとのことです。

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事