常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

天体のメソッド 第8話 「彼女の信じること」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
汐音と一緒に流星群をみるという約束をしていた乃々香。本物の流星を見ることはできませんでしたが、乃々香は自分の手でプラネタリウムを作り、それを文化祭で展示しようとしていました。そこで、みんなの手を借りてプラネタリウムを作っていたのですが、そこには目的を知らされていなかった汐音の姿もありました。そんな、汐音も乃々香のことを嘘つきだと言っていましたが、自分自身も乃々香のことを信じてあげられないことにいらだちを感じていたようです。それゆえに、乃々香が提案したこのプラネタリウムは二人が仲直りできるいいきっかけとなりました。汐音の笑顔を見られたのは、中学生になってからでは二回目ですね。

また、このプラネタリウムだけに限らず、二人の仲直りにはノエルの存在も大きかったように思います。それは、二人の間をつないでいたのがノエルであり、乃々香が町を離れてしまったときには、汐音と一緒に流星を見るという約束を伝えたエピソードがありました。どうやら、汐音とノエルも七年前から出会っていたみたいですね。ちなみに、汐音がノエルが円盤であることを、今回初めて知ったようです。

ところで、このプラネタリウムをきっかけに乃々香と汐音はすっかり仲良しとなり、これで一安心・・・と思っていましたが、一夜にして汐音の表情が一変してしまいました。それは、彼女が今年は流星がきれいに見えるというノエルの言葉を思い出したときに、何らかの気持ちが変わったようです。そういえば、乃々香が柚季の円盤を追い出す運動を手伝っていたときにも、円盤はもう少しでいなくなるということをノエルが言っていましたね。もしかすると、汐音はノエルがいなくなってしまうかもしれないと思い、乃々香にあのような接し方をしてしまったのではないかと思うのですが、実際はどういった理由なのかが気になるところです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事