常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

プラスティック・メモリーズ 「同棲はじめました」 3話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
アイラと一緒に暮らすことになったツカサ。ターミナルサービスでは、パートナーであるギフティアと一緒に暮らすことがルールなのだとか。しかし、一緒の部屋での暮らしが始まっても、アイラが無口になってしまい、あまり会話がはずみません。そこで、どのようにしてアイラに嫌われないようにと、いろんな人からアドバイスを受けながら、アイラと接する方法を見つけようとするツカサでしたがどれも失敗。それどころか、このままではアイラよりもミチルからの信頼がなくなってしまう可能性も!?こうなるまえに、最初からカヅキに聞いておくのが最善だったのかもしれません・・・。

アイラがプライベートでは無口になってしまうのは、家では機械として振る舞おうとしているのだとか。その理由には、やはりギフティアの寿命に関係しているのでしょうか。また、人からのプレゼントは受け取らなければ、思い出を作ろうともしない様子。しかし、それでもなんとかしてでもアイラと話をしたいツカサ。それにより、ほんの僅かでありながらも、アイラが少し心が動かされている様子がみられました。だからといって、思い出が消えてしまう恐怖を乗り越えることも簡単ではありません。なかなか難しい課題となりそうです。




スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事