常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

JR西日本、関西地区に683系を形式変更した289系を投入へ

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
昨年の12月、平成27年春のダイヤ改正の詳細が発表されたときに、来年度より南紀方面で運用するパノラマ仕様の381系電車が離脱することが触れられていました。そして昨日、JR西日本のニュースリリースにおいて、「しらさぎ」の運用を離脱した683系電車が形式を289系電車に変更したうえで、同地域と北近畿方面の特急車両に投入されることが発表されました。

具体的には、南紀方面の「くろしお」と北近畿方面の「こうのとり」・「きのさき」・「はしだて」の特急車両として、381系電車を置き換える形になるとのこと。両地区に投入する車両数も発表されており、南紀方面には39両、北近畿方面には46両の計85両。すべての683系電車が289系電車に形式変更するということではないようで、今後も683系電車は存続するようです。車両自体は同地区で運用中の287系電車と比べると製造されてからの時間が経っていますが、どちらもJR西日本が発足してから製造された車両となります。

ここで、いくつか気になってくることがあって、その一つが車体のラインカラーが「しらさぎ」の青とオレンジのラインから、それぞれの地域のラインカラーになるのかということです。また、289系電車に形式変更する対象が681系電車ではなく後継の683系電車という点では、北陸新幹線の今後の延伸によるサンダーバードの運用と681系電車の運用年数が関係しているのだと推測しているのですが、その681系電車の動向も気になるところです。それから、南紀方面の投入にあたっては、振り子の車両ではなくなることから、このあたりもいろいろな変化があるのかもしれません。

さまざまなことが気になる289系電車ですが、今後は関西地区から381系電車が姿を消してしまうとともに、各路線に新たな顔として289系電車の姿を見ることができることになりそうです。


【参考記事】

「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」へ289系(683系)車両を投入します
http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/04/page_7100.html

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事