常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

エクシングが新カラオケマシン「JOYSOUND MAX」を2015年7月に発売

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
エクシングが新カラオケマシン「JOYSOUND MAX」を発表しました。

JOYSOUND MAX の特徴などは、ニュースリリースまたは特設ページで公開されていますが、第一興商が4月に発売した「LIVE DAM STADIUM」に続いて、 こちらも大きなフルモデルチェンジとなっています。

なんといっても注目したいのは「X-Leben」というカラオケ専用生音源が楽しめるということでしょうか。カラオケの基本でもある音質にかなりこだわっているようです。同じ楽譜データにおいて、従来機種との音質の差がどのくらい違うのかが気になるところです。

コンテンツの新機能においては、スマートフォンの動画をカラオケ本体に転送して、カラオケの背景映像として楽しむことができるとのこと。従来の CROSSO と JOYSOUND f1 では、静止画には対応していましたが、ついに動画をカラオケの背景映像として楽しむ時代がやってきたようです。

「うたスキミュージックポスト」というコンテンツでは、オリジナルの音楽をアップロードして配信することができるとのこと。自分のオリジナルソングが、手軽にいつものカラオケと同じように楽しめるというのは画期的です。(既に「キョクプロ」というコンテンツはあります)

ちなみに、今回発表されたニュースリリースでは、ナイト市場向けの新機種として「JOYSOUND 響」やカラオケ予約情報端末としてタブレット型の「JOYPadキョクナビ」も発表されています。SmartDAMデンモクと同じ 10.1インチという大きな液晶が搭載されるそうです。


【参考記事】

音にこだわり、サウンドは全て楽器演奏を再現したカラオケ新商品 曲数NO.1「JOYSOUND MAX」、ナイト市場向けモデル「JOYSOUND 響」を発表
http://www.xing.co.jp/news/archives/5831

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事