常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

実は私は 「告白しよう」 1話

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
片思いをしていたクラスメイトはなんと吸血鬼!?クラスメイトの白神葉子のことをずっと片思いでいた黒峰朝陽。思い切って、告白しようと彼女が一人いる教室をのぞくと、そこには背中から羽根をだした彼女の姿が!!そんな、葉子に想いのうちをあけた朝陽でしたが、彼女からは吸血鬼であることを人に知られてしまうと、父親との約束で退学しなければならないことを告げられます。せっかく、二人で話をする機会ができたばかりなのに、いきなり退学だなんて・・・。

そこで、朝陽は葉子が吸血鬼であることを気付いていないふりをすることで、退学を回避することを提案。とはいえ、この少年は隠し事をするのがうまくないようで、これまで葉子のことを片思いしていたことを誰にも知られていないと思っていたようですが、まわりからは最初から気づかれていた様子。もし、葉子の正体をほかの人に知られてしまえば、これこそ本当に退学しなければなりません。特に新聞部の人は手強そうな予感!?あと、クラス委員長も何かありそうですね。はたして、朝陽は葉子の秘密をまもりぬくことができるのでしょうか。朝陽と葉子の関係がいまはじまりました。




スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事