常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

JR西日本、ICOCAのエリア拡大とエリアをまたいだ利用の開始を発表

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
JR西日本より、ICOCAエリアが拡大するとの発表がありました。これにより、エリア同士がつながり、エリアをまたいだ利用も可能となるそうです。

ICOCAカード

山陽線、赤穂線、北陸線、境線でICOCAの対応駅が増加

今回、ICOCAの対応駅として新たに発表されたのは、2018年夏から対応予定の山陽線(相生駅~和気駅)、赤穂線(播州赤穂駅~長船駅間)、北陸線(大聖寺駅~近江塩津駅間)と、2019年春から対応予定の境線(全駅)。これにより、広島・岡山・山陰・香川エリア、近畿エリア、北陸エリアが結ばれることになり、エリアをまたいだ利用も開始するとのことです(後述)。

ところで、境線でのICOCAの対応に関しては、車両にIC改札機を設置して車内精算を実施するそうです。これは、JR西日本では初の試みであるそうで、好評であれば他の路線でも導入され、ICOCAの対応エリアが大きく拡大するのかもしれません。

岡山~姫路、米原~金沢といったエリアをまたいだ利用が可能に!

ICOCAの広島・岡山・山陰・香川エリア、近畿エリア、北陸エリアが結ばれたことで、エリアをまたいだ利用が2018年春から可能になるそうです。これにより、岡山~姫路、米原~金沢といった区間をICOCAで乗車することが可能となります。ただし、営業キロ200キロメートル以内に限るという条件があり、この営業キロ200キロメートル以内の条件にも例外があるので注意が必要です。

条件の例外(引用)
・大阪近郊区間内相互発着のご利用の場合(例:米原~相生駅間)
・在来線特急列車停車駅相互間のご利用の場合(例:岡山~出雲市駅間)
・大阪近郊区間内の駅と在来線特急列車停車駅相互間のご利用の場合(例:尼崎~新宮駅間)

この条件を元にすると、新宮駅~近江塩津駅や、金沢駅~関西空港駅といった利用も可能となりそうです。ちなみに、乗車区間が営業キロ200キロメートルを超えるかどうかわからないときは、JR西日本の「おでかけネット」では営業キロを検索することができるので便利ですよ。

あとは、途中下車ができる(かどうかはわかりませんが)ようになれば完璧ですね。

【参考記事】
ICOCAのご利用エリアが大きく広がります!(JR西日本公式サイト)
http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/10/page_11308.html

車載型IC改札機(JR西日本初)でICOCAエリア拡大!
2019年春(予定)境線でICOCAがご利用いただけるようになります!(JR西日本公式サイト)
http://www.westjr.co.jp/press/article/2017/10/page_11304.html



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事