「Windows 10 Fall Creators Update」にアップデート

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
メインPCを「Windows 10 Fall Creators Update」にアップデートしました。

アップデートが完了するまでは、自動更新の「Windows Update」での失敗や、手動作業でもエラーが発生したので、そのあたりの経過を中心に紹介したいと思います。

「Windows Update」でアップデートに失敗する

Windows 10 の大型アップデートとなる、「Windows 10 Fall Creators Update」は、何らかのタイミングで自動更新されるそうですが、1ヶ月ほど前に誘いがかかりました。しかし、アップデートのために必要な再起動の要求に何度応えても失敗ばかり…。しばらく放置していましたが、最近になって再開しても変化がなかったので、手動でアップデートを試みることにしました。

Windows 10 Fall Creators Update

手動でアップデートを試みる

アップデートは自動更新のほかに、下のマイクロソフトのページから手動によるアップデートも可能なので、こちらを試してみます。

Windows 10 のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

「Windows10Upgrade9252.exe」を実行します。

Windows 10 Fall Creators Update

ガイダンスに従ってアップデートを進めます。

Windows 10 Fall Creators Update

Windows 10 Fall Creators Update

しかし、ここでまたもや問題発生。エラーでアップデートに失敗してしまいました。

「0x80070652」のエラーコードで失敗

手動のアップデートで失敗したときに表示したエラーコードは「0x80070652」。以下のサイトによると原因は別のプログラムがインストールされているときに発生することがあるとのことで、さっそく「Windows Update」の更新を一時停止してみると、問題なくアップデートに成功しました。

エラーコード「0x80070652」が出てアップデートが完了しません【Ver1607】
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-update/%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC/cf070d66-b2b8-47bd-b728-1485ad155c26

Windows 10 Fall Creators Update

Windows 10 Fall Creators Update


アップデート直後の画面で目がとまったのは、画面右下に現れた「People」というアイコン。新しい機能のようです。

Windows 10 Fall Creators Update

ところで、最近は電源の投入からデスクトップの画面が表示されるまでの時間や、シャットダウンに時間がかかっていたので、OSのリフレッシュを考えていました。しかし、大がかりなアップデートをする「Windows 10 Fall Creators Update」でも、同じ効果があるのではないかと期待していると見事に的中。今回のアップデートで本来のパフォーマンスを取り戻すことができました。

スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事