OVA ハイスクール・フリート 「納沙幸子がピンチ!」・「納沙幸子もピンチ!? 」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
ハイスクール・フリートのOVAを視聴しました。以下、ネタバレ要素を含んでいます。

ちなみに、今日はまりこおじさん…じゃなくて、まりこうじさんのお誕生日であるそうです。ラッパも上手になったようで…。

OVAでは晴風が沈んでから一か月後の話が展開

テレビ放送では、最終回で晴風が沈んでしまいその後が気になっていた方も少なくはないのではないでしょうか。OVAでは、晴風クラスの活躍と晴風が沈んでから一ヶ月後の話が展開されました。

まず、海に沈んだ晴風は一か月後までに引き上げられたようですが、二学期の海洋実習では乗ることができない様子。しかも、晴風クラスがバラバラになってしまうという噂も流れていたようです。それと同時に、校長先生から晴風クラスの生徒一人一人に開封時間を指定した指示書が配布されていたようで、これがクラスを解体するのではないかと、さらに事を大きくさせたようです。後に、その指示書にはクラス全員が揃って新しい船に移ることが記されており、晴風クラスの生徒達の結束力や離れたくないという気持ちを汲み取っていたことがうかがえました。

晴風クラスの生徒たち

OVAは前編と後編で構成されていましたが、そこでは晴風クラスの生徒達の休日の過ごし方や、先の通知書をクラスメイト全員に配ったり、晴風クラスの解体を反対するための署名活動を集めたりと、クラスメイトが全員登場し人数の多いキャラクターがバランスよく描かれていました。また、麻雀が好きな機関科の4人(麻雀のシーンでは、イチローのビールのポスター?らしいものが気になり…)といったように、テレビ放送では描ききることができなかったキャラクターの特徴(プロフィール)なども描かれていたように思います。

新しい晴風

晴風クラスの生徒達が全員揃って新しい船に移ることになりましたが、移ったのは生徒だけでなく引き上げられた晴風から使えるものを移設したようです。また、新しい船の名前も晴風となった様子。新しい船から元の晴風を目にした時は、見ている側も少し寂しい気持ちがありましたが、同時に彼女たちが新たな一歩を踏み始めたというようにも感じられました。

関連記事

ハイスクール・フリート 12話 「ラストバトルでピンチ!」(最終回)



スポンサーリンク

関連記事

関連する記事はありません。

トラックバック

トラックバック一覧
    トラックバックはありません。

前の記事 / 後の記事