宇宙よりも遠い場所 13話 「きっとまた旅に出る」(最終回)

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
夏の観測隊であるキマリたちが南極を離れるときがやってきました。南極に長くいたことで、この場所を離れることに寂しさを感じることも…。報瀬は南極に100万円を置いてきたようで、再びこの場所に戻って来るであろうという強い意思が感じられました。帰国後はプロ雀士の道に進む予感も!?

最初は南極観測隊であり、南極で行方不明になった彼女の母親を探すために南極へ行くことが目的だった報瀬。でも、キマリたちと一緒に行動することで、最終回ではこれまでにはないほどの笑顔を見せてくれました。あの笑顔は、きっとキマリたちがいたからこそであり、ただ南極へやってきただけでは見せることはなかったことでしょう。結月ではありませんが、彼女たちは南極を通じて間違いなく親友になったはず。結月の夢も実現してよかったですね。まさに、「青春」を感じさせてくれる作品でした。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事