色づく世界の明日から 1話 「キミノイクベキトコロ」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
高校生であり、魔法使いでもある月白瞳美。幼い頃に色覚を失ってしまった彼女は、ある日祖母の魔法によって60年前の過去に飛ばされることに…。タイムスリップした最初の場所は、瞳美と同じくらい年頃の男の部屋。男女間のラブストーリー的な展開を彷彿とさせますが、慌てて窓から飛び出した姿を多くの人に目撃されてしまっては、あきらかに怪しい人になってしまいましたね。

60年前の街は、瞳美にとって面影があるようでない光景。これから、彼女はここで暮らすことになるわけですが、住まいは当時と変わらないし、そこの住人…いわゆるご先祖様にも歓迎されたので不安は少し和らぎそうといったところでしょうか。家は魔法を売るお店を営んでいるようで、街として魔法という存在が受け入れられているのでしょうか。ちなみに、瞳美がタイムスリップする前の世界は、いまよりも高度化した先端技術が導入されており、魔法は人々に忘れかけられているのではないかといった印象でした。

第一話では、高校生のときの祖母とはまだ対面していませんが、この人が何を目的として瞳を過去に送ったのかは最も気になるところ。「決められたこと」とは言っていましたが、瞳美がタイムスリップする前に会った祖母は、高校生のときに未来からやってきた瞳美に会っているということですよね。このときに何か約束をしていたということになりそうですが…。なんにせよ、60年前の世界での、タイムスリップの目的と、瞳美ととりまく人々とのつながりの展開が楽しみです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事