スター☆トゥインクルプリキュア 12話 「さよならララ!?映画監督は宇宙人☆」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
まどかの父親にロケットやララたちの正体がバレそうになって大ピンチ。そんな状況を救ってくれたのは映画監督のアブラハムさんでした。ロケットや宇宙人を映画の一部とごまかしてくれたこの人も実は宇宙人。地球上で宇宙人との接触を監視する仕事に就く一方、映画監督の仕事をしているそうです。

そんな、アブラハムさんはララがひかるたちと出会ったのが宇宙法の違反であることを伝えにやってきました。ただ、本当はこのまま母星に送り返されるらしいのですが、ひかるたちが素敵な映画を作れば見逃してもらえる様子。

とはいっても、映画のなかで演じることは初めてで失敗ばかりのひかるたち。まどかさんに至っては台本そのものを丸暗記するという天然っぷりを発揮。でも、アブラハムさんの心は動かされたようで、ララが地球に残ってもいいことになりました。さっそく「羽衣ララ」と名乗るララ。学校生活が始まるようですが、はやくも波乱の様子が!?



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事