スター☆トゥインクルプリキュア 30話 「ララの想いとAIのキモチ☆」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
惑星サマーンで、ノットレイダーから取り返したプリンセススターカラーペンを手にしていたララが盗人扱いされてしまいました。しかも、アイワーンの手によって人工知能と統括するマザーが乗っ取られてしまうことに!?

しかし、そのなかで乗っ取りに抵抗していたのが、ララのパートナーであるロケットのAI。無残にも破壊されるロケットを目の当たりにするララにはAIに対する感情があらわれることも。AIの技術が進んだ未来では、AIに対してこんな感情になることもあるのかなと思ったシーンでした。

ノットレイダーとの戦いでは、プリキュアの姿をサマーンで大々的に報じられてしまいました。これにより、プリキュアを引き入れたいと考える星空連合がはやくも動き出した様子。彼らが声をかけてくる前に惑星サマーンをあとにしたひかるたちでしたが、さっそく追いかけられてしまったようです。


ところで…

今回のアイワーンの乗っ取りに関してフルタ星のAIには影響は受けていない模様。

今年もお馴染みのCMの季節がやってきたようで…。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事