五等分の花嫁∬ 8話 「スクランブルエッグ」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
五月の偽物の正体は4人全員だった。

変装の理由は、5人が同じ姿でいるところを見たいというお爺さんのためだったのね。

でも、同じ姿とはいっても、ちゃんと5人を見分けられるから凄い。

そんな、爺さんの見分ける術を得たいと、風太郎が弟子入りしてしまった!?

見分ける方法は愛なのだとか。

結果、風太郎も直感で三玖を当てていた。これって、風太郎も三玖に愛があるということなのかな?

ちなみに、二乃が一花のことを見分けていたから、五つ子のなかでも見分けることはできているはず。

では、お父様はどうなのだろう…。

一方、二乃の風太郎への愛情がヒートアップ。

夜中に風太郎をベルの下に呼び出す作戦まで立てていたけれど、見た感じだと失敗かな。

多分、最後の風太郎に抱き着いてベルを鳴らしたのは、二乃ではなく一花かと…。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事