常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

さんかれあ 1話 「私が…ゾンビに…なったら」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
2012年春に視聴するアニメの第四作目です。


この作品のタイトルはヒロイン=散華礼弥がもとになっているようです。そんな彼女が落命してゾンビになってしまうとのこと。そして、待っていたのは降谷千紘という異性のゾンビに興味津々な少年との出会いでした。「青春ラブストーリー」とあるので、ホラー要素は少なめであるとは思うのですが、どうなるのでしょうか。

それでは、さっそくあらすじを見ていきましょう。先にも出てきた降谷千紘は実家がお寺の少年です。そんな彼には落ち着いた様子であり、ときに鋭い勘を持ったかわいらしい妹=降谷萌路がいます。ほかにも家族は祖父と父、猫のばーぶと一緒に生活。ただし、ばーぶは不慮の事故で亡くなってしまうことに・・・。どうしても、ばーぶのことが悔やみきれない降谷は、ばーぶの蘇生を試みます。そのために、古い書物をたよりに、廃墟のビルを使って試行錯誤。そのとき、ちょうど同じ場所に通いつめていたのが礼弥でした。二人はここで出会うことになります。

礼弥が廃墟ビルに通っていたのは、自由を求めていたからなだとか。彼女は散華女子学園に通う女の子。名前が学校の名前と同じであるのは、彼女は学園の理事長の娘であるそうです。それゆえに、自由になる時間が少ないのだとか?特に、父親からの束縛が大変であるらしく、誕生日の日には彼女の恥ずかしい姿を写真で残しているとはなんとも・・・。これらのストレスが原因で、彼女は廃墟に通って叫ぶことが日課になっているようです。千紘とは恥ずかしいところを聞かれてしまい対面することに・・・。

礼弥はさっきのことを内緒にしてほしいと千紘に頼み込みますが、その条件に蘇生の実験台になるということに!?・・・というのは冗談で、唖然としたときに礼弥がとてもかわいらしかったです。ただ、千紘が生きた女性ではなくゾンビの女性にしか興味がないことを一通り彼女に説明すると、彼女から返ってきた言葉が・・・。

「私がゾンビになったら、責任取ってくれるってことですね。」


完全にゾンビになる伏線ですね。というより、それが話の主題ではあるのですが・・・。このあと、千紘の前に現れたのはゾンビとなってしまった礼弥の姿。まさに、彼女が本当にゾンビになってしまうなんて・・・。ちなみに、生前とゾンビでは目のいろが変わるみたいですね。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事