常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

TARI TARI 2話 「集ったり あがいたり」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「TARI TARI」の第2話です。


来夏が声楽部を退部して新しく作った合唱部。部員集めに多くの人に声をかけていましたが、かなりに部員が集まったようです。音楽科から編入してきた和奏は名前貸しという形で入部することになりました。あとは、肝心の顧問ですが校長先生が担当することになったのは意外でした。最初は合唱部の許可にも拒んでいるところがありましたが、和奏の名前をだしたところで話は大きく急展開。彼女には特別な何かがありそうですね。

そして、早くも記念すべき最初の発表会がやってくることになりました。この発表会では、昨年に来夏が緊張で失敗してしまったということも・・・。声楽部で来夏が合唱の場に立たせてもらえなかったのは、これが原因であるようです。しかし、これが合唱部を作りきっかけになったのであり、このときのことがきっかけでもあります。こういった経緯があるだけに、彼女にとっては大事な場であることは間違いありませんね。しかし、この発表会の当日に顧問である校長先生が怪我で入院してしまったり、部員が会場までに間に合わなかったりとトラブルが多発。結果的に来夏と紗羽が舞台に立って歌うことになりましたが、かなり好評だった様子。これで合唱部の記念すべき第一歩を歩みだしたのではないかと思いました。また、名前貸しだった和奏はこの舞台でピアノの伴奏を担当。成り行きだったとはいえ、彼女の意思でピアノを弾いていたので、ここからは名前貸しから正式に入部といったところでしょうか。

発表会は大成功のうちに終了。合唱部もこれから!というところですが、その矢先に顧問が校長先生から代役で声楽部の教頭が担当することになりました。教頭と来夏の関係・・・。すこし雲行きが気になるところです。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事