常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

TARI TARI 11話 「満ちたり 欠けたり」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「TARI TARI」の第11話です。


白祭の準備が着々と進む合唱部。音楽劇ということで来夏の脚本がやる気満々です。和奏もこの劇のために歌を作っているということで、お母さんとの夢がもうすぐ実現する形となってきました。しかし、そんな学園が計画しているプランが文化祭に大きな影響を与えることになってきます。それは、これまでにも何度かでてきている、理事長が前倒しで計画していた例のものです。ここでは、その内容がついに明らかとなりました。どうやら、そのプランとは現在の校舎を取り壊して新校舎を建てることにあるようです。しかも、近くには大きなビルみたいなものも建てる様子。そのために、次年度の生徒募集を中止させるだけでなく、準備中の文化祭までが中止に追い込まれしまったのだとか。せめて、文化祭まで待ってほしいものですがそうはいかなかったようです。

ところで、このプランに納得がいってなない教頭先生。最近はそればかりを考えていたこともあって、声楽部が文化祭で歌う曲も決まっていないことがわかりました。さらには、来夏がいたときよりも部の緊張感が薄れかけているみたいで、最初のころに舞台で練習していたときと見比べても、その雰囲気が感じられます。ちなみに、来夏も声楽部に入っていましたね。最近は合唱部のインパクトが大きいのですっかりと忘れていました。それにしても、来夏が教頭先生を「映画に出てくる未来から来たロボット兵器」に例えるとは・・・。たしかに、言われてみればそんなような気がします!?

そんなわけで、せっかく準備を進めてきた白祭も中止になってしまいました。大道具担当だった田中も、美術部員に絵を描いてもらう代わりに紗羽の写真を提供する約束までしていたのにこれもなくなってしまいそうですね。しかしながら、田中の絵はよっぽど・・・だったみたいですね。それが見えなかっただけ余計に気になって仕方ありません。それからまた、白祭が中止になっても和奏の作曲は続いていました。音楽劇がきっかけで、歌を作り出せたと言っていた和奏でしたが、白祭が中止になったからといって作曲をやめなかったのは立派です。そして、ついに完成した和奏の初めの曲。一部はお母さんが作った部分があるので、どのように親子の音色が組み合わされたのかが楽しみです。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事