常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

中二病でも恋がしたい! 8話 「二人だけの・・・ 逃避行」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「中二病でも恋がしたい!」の第8話です。


六花の里帰りの続きです。前回は六花の両親といった家族のことが触れられたり、前に住んでいた家が既に売地になっていたりしたことがわかりました。そのなかでも彼女にとっての父親の存在という存在は大きい様子。また、彼女がよく口にしている不可視境界線もここに関係するようです。

ここでは特に六花の記憶と現実のギャップについての大事な場面ですね。勇太をはじめ周囲の人たちがどう接するかによって大きく変わるところとなりそうです。特に現在の六花はドキドキしている様子!?それは、丹生谷さんたちを残して勇太と一緒に自宅に帰ってきたのですが、六花がカギを忘れてしまい二人きりになってしまったのだとか。いきなりの二人きりはたしかにドキドキですね。

それはさておき、最近気づいたのですが公式サイトのキャラクターページが随時更新されていておもしろいです。どうやら、そのときのストーリーにあわせて変化するようです。なかでも、「背中流してあげるわよ?」とたくらんだような目をした丹生谷さんが強烈的。どうやら、凸守のいたずらでできた背中の日焼けに気づいたみたいです。その仕返し?としての凸守への強烈なヘチマの背中流しは最強でしたね。声だけとはいえ日焼けにあの刺激といったらもお・・・。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事