常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

武装神姫 7話 「訪問者は雨音と共に…」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「武装神姫」の第7話です。


真夏のなかの猛暑。暑いのは人のみならず神姫も同じようです。たしかに、コンピュータでも熱処理の問題があるので重要なのかもしれません。それゆえに、この暑さによってさすがのヒナも目がグルグル状態。「はやぁ~ん」とうなりながら我慢をしている姿がいつものクールさとギャップがあって可愛らしいですね。そのほかにも、マスターからのご褒美を想像してドキっとする姿もまた可愛らしかったです。

こんな暑さを乗りきるために彼女たちが始めたのはお化け屋敷や怪談話。人型のお化けとしてのっぺらぼうなネイキッド型の神姫が登場しました。そして、お化けといえばマンションの隣の住人さんは実は幽霊だったことも判明。幽霊と神姫という関係も気になるところではありますが、今回の件では忍者のフブキ型の神姫=フキが突然現れたことでわかりました。何といっても、今回も前回の飛行機訓練と同じく最後までヒヤヒヤドキドキな展開。特にアイネスが・・・ですね。

それにしても、この話を一度みてから改めてみなおしてみると、フキの怪談話は本当の実体験だったみたいですね。しかも、その体験は怪談ではなく山で遭難したときにセルルっちに助けてもらったことでした。なにより、意外なところでセルルっちが登場するといった形となりました。どうやら、山で救助される神姫はかなりいるのだとか。山だかりになっていた神姫にはビックリでしたが・・・。

ところで、フキが隣の家に住んでいたことを言っていたので、てっきりマオチャオ型とハウリン型と同居しているのかと思っていましたが、どうやら反対の家だったみたいですね。それにしても、理人が引っ越ししてきたときには、ちゃんと引っ越しそばを持って挨拶に回っていたみたいですね。しかし、生タイプだったとは・・・。



スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事