常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

ビビッドレッド・オペレーション 11話 「つたえたい想い」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「ビビッドレッド・オペレーション」の第11話です。


れいがアローンに関与しているとして捕まってしまいました。しかも、その場にはパレットスーツを身にまとっていたあかねたちを居合わせてしまというという事態に・・・。こんな状況であるがゆえに、れいがあかねたちに騙されていたと思ってしまうのも無理はありません。そんな心境は、画面越しでも伝わってくるものがありました。

身柄を拘束されてしまったれいは、尋問などのためにしばらく留置されることになりました。しかも、れいの体がアローンを誘導しているということがわかると、彼女を処分するといった意見も飛び交うことに・・・。そんなことは何があっても避けたいと考えるのは、あかねのお祖父さん。そんな物議が交わされているのと同じころには、れいを助けるために、彼女のいる場所を目指しているあかねたちの姿がありました。ここは、さすがは孫子といったところですね。

こうして、再会することになったあかねとれい。先のことがあって、れいはあかねのことを信じようとはしていませんでしたが、それも次第に心が変わっていくことになりました。これで、あかねとれいの友情も取り戻せて一件落着・・・といきたいところですが、ここにきて、れいにつきまとっていたカラスがあかねたちの前に登場。しかも、れいを散々に言ったあげく、彼女を飲み込んでしまうなんてことも!?その結果として、カラスが巨大化してしまいました。カラスのなかにはれいがいることもあって、下手に攻撃することもできなさそうです。はたしてどう立ち向かうのでしょうか。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事