常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第8話「俺が後輩とひと夏の思い出を作るわけがない」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」の第8話です。


京介は黒猫と付き合うことになってとてもウキウキ。黒猫も初めてのデートということもあって、新しい衣装を作って神猫として待ち合わせ場所に姿を現していました。さらには、京介が黒猫の家を訪ねるなんてことも・・・。黒猫の妹二人とも顔合わせすることになって、ここに桐乃がいたならばとてもハイテンションになっている姿が浮かんできそうです。

ただ、そんな二人の恋人関係もそんなに長くは続かないであろう描写が、最後に描かれていました。どうやら、黒猫が京介と付き合うのはこの夏だけとなるのかもしれません。しかし、どうしてすぐに別れようと考えているのでしょうか・・・。ここはやはり、黒猫が未来を予言したノートに描かれていた、桐乃と京介の絵がヒントとなってきそうです。

ところで、序盤あたりで京介が顔に傷をつくって帰宅しているところがありました。桐乃が理由を尋ねても教えてくれなかったのは気になるところですが、京介の傷を手当してあげるほど、親密になっていたのはビックリでした。ただ、その直後に京介が黒猫と付き合っていることを告白してしまったので、空気の流れが一瞬変わったようにも見えなくもありませんでした。やはり、このときの桐乃の気持ちとしては、ショックだったのだと思います。

京介も桐乃がアドバイスをしていた「告白してきた女の子のために真剣に考えてほしい」の女の子が黒猫のことかと質問していましたが、あれはやはり桐乃である可能性が高そうですね。京介と黒猫が付き合ってからというもの、桐乃が少しよそよそしい様子もありました。そんな桐乃に、黒猫もこうなることを予想していた節も見受けられました。それらを含めて、次回の別れへとつながってきそうです。




スポンサーリンク

前の記事 / 後の記事