常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

とある科学の超電磁砲S 第18話 「お引越し」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「とある科学の超電磁砲S」の第18話です。


木山先生の教え子であり、入院中だった枝先さんが退院することになりました。彼女の退院後は初春や佐天さんと同じ高校に通うことになるのですが、一人暮らしを始めるにあたっては春上さんと同居することになったそうです。前回、春上さんが先生と相談をしていたのは、どうやらこのことであったようで、どこか遠くへ行ってしまうということではなかったみたいです。しかし、これまで春上さんと同居をしていた初春にとっては寂しいことには変わりありません。それでも、枝先さんの退院や春上さんの引っ越しを精一杯手伝う姿は頑張り屋さんを感じさせてくれました。思い出のたい焼きも懐かしかったですね。たしか、春上さんが入院していたときの差し入れだったでしょうか。このとき、初春のもつ能力も明かされたのでした。

そんな、枝先さんや春上さんが新しい生活を始める一方で、美琴たちも新たな人物と出会うことになりました。それは、枝先さんの退院後に向かったケーキ屋からの帰り道の出来事のことで、公園で倒れている小さな女の子と出会いました。なんとも、佐天さんの近道にはなにかイベントがつきものといったところでしょうか。そんな、公園で倒れていた少女は、美琴とは初対面なはずなのに「御坂美琴」と口をすることも・・・。18話の冒頭で、アイテムを狙った実験?みたいなものが行われており、その近くに彼女の姿がありましたが、実験の関係者なのでしょうか。実験関係者といえば、そのなかに行方が気になっていた布束さんの姿も!?一体どういうことなのでしょうか。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事