常時SSLについてのお知らせ
FC2が常時SSL化に対応したことで、「なになに関連記」の全ページも常時SSLに変更しました。URLは「http://」の部分が「https://」となりますので、ブックマークなどに登録されている場合は、お手数ですが新しいURLに変更してくださいますようお願い申し上げます。また、常時SSL化の細かな作業が完了するまでは、皆様にはご迷惑をおかけしますが完了までいましばらくお待ちください。

ステラ女学院高等科C3部 第9話 「斯クシテ宴ハ終ワル。」

  • カテゴリ:
  • 掲載日:
「ステラ女学院高等科C3部」の第9話です。


サバゲーの24時間大会では、明星女学園との勝負に勝ち抜き、優勝をはたしたC3部。部員たちも優勝したことで大盛りあがりです。さらに、入院中だったそのちゃん先輩も早期退院することができ、部に復帰することもあって、めでたいこと続きとなりました。

ところが、そのなかでゆらは一人だけ浮かない様子。実は、24時間大会で榛名凛と戦っているときにゾンビ行為という不正行為をしてしまったことが気になっていたようです。前回の最後でみられた、ゾンビ行為かどうかが怪しかった場面は、やはりゆらは流れ弾を受けていたみたいなのです。そのため、ゾンビ行為に責任を感じたゆらは、みんなに黙って大会の運営に確認することに・・・。しかし、運営が榛名凛に確認をとってもゾンビ行為はないとのこと。とはいえ、榛名凛もゆらのゾンビ行為を知っていたはずなので、なにかの考えがあってのことでしょうね。

そんな、榛名凛の回答に納得がいかなかったゆらは再試合を望むべく、ついには一人で明星女学園へ行ってしまいました。ここのところ、表情が怖いゆらでしたが、24時間大会が終わっても、C3部の部員たちとは別に一人で射撃の特訓でひたすら強くなることを目指しているようです。そして、ついにはそのら先輩にC3部の退部を申し出るなんてことも!?ゆらの決意に対して、そのら先輩は引き止めるのかどうかが注目どころですね。

ところで、ゆらとそのら先輩がサバゲーショップの帰り道で、何者かに狙われた事件の犯人が逮捕されたようです。しかも、その犯人を捕まえたのが榛名凛でした。何度か犯人が榛名凛ではないかという疑いもありましたが、真実がはっきりしたいま、ゆらはどのように感じていたのかも気になりますね。それから、榛名凛もずっと犯人を捕まえるために動いていたのかも気になるところです。



スポンサーリンク

トラックバック

トラックバック一覧

前の記事 / 後の記事